スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.05.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

「ローカル・アベノミクス」



新たなワードがまた生まれました「ローカル・アベノミクス」

**********************************

政府が24日に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)と新しい成長戦略に、昨年はなかった新語が登場した。アベノミクス効果の全国への波及や人口急減問題に積極的に取り組む姿勢を強調したもので、地方側には評価の声が目立つ。かけ声倒れにならないためには、国と地方の連携による実行力が問われる。
2014年6月30日 日本経済新聞より

***************************

日本の経済構造が、大企業が中心の「グローバル経済圏」と

地域と密着した中小企業が中心の「ローカル経済圏」

の2つから構成されていると捉え。

アベノミクスは、グローバル経済圏の経済施策として実施されていたのに対して

ローカル経済圏の経済施策としての「ローカル・アベノミクス」である。


自由民主党の提言概要より

****************************

I.中小企業・小規模事業者にとっての「アベノミクス」 

「地域」にターゲットを絞った新たな「中小企業・小規模事業者成長プラン」として、「ローカル・アベノミクス」を実行 



II.「ローカル・アベノミクス」による地域経済の好循環 

第一段階「地域資源の魅力向上」(Attraction) 

域外から富をもたらし、地域の発展を牽引する「プレミアム地域資源」へ 


第二段階「内外の市場への橋渡し」(Bridge)

稼げる地域産品の国内外の市場開拓を様々な形で徹底的に支援する。


第三段階「好循環を支える体制」(Engagement)

地域全体で、戦略的な産品・サービスを特定し、徹底的に支援し、地域資源 を大きく育てていくという地域経済主体の成長へのコミットの体制を構築。 国は縦割りを廃して伴走型で支援。



III.「ローカル・アベノミクス」を実現する三段階の施策 

第一段階 地域資源の「プレミアム化」 

《提案1》「日本版フラウンホーファー構想(仮称)」の実施 
ドイツの「フラウンホーファー研究機構」を参考に、知的クラスターと一体 となった新たなクラスター政策を推進し、戦略産業の育成。 

《提案2》プレアム地域産品の適正評価 
JISや地域団体商標制度等の基準も活用して、消費者の購買意欲を喚起す る「プレミアムふるさとブランド制度」を創設。 

《提案3》地域で資金を循環させる仕組みを構築 

《提案4》NPOの力で新たなシーズを掘り起こす 予算のみならず、信用保証制度を含め各種中小企業支援策の対象にNPO を追
加。 

《提案5》サービス産業を革新 

《提案6》商店街を「生活空間」として再生 

《提案7》「産業新陳代謝促進トータルプラン」の策定 創業準備、創業、立ち上げ、事業承継の各段階の課題を解消するための「ト ータルプラン」を策定。 


第二段階 国内外で地域産品の消費を喚起 

《提案8》「地域再興(サイコー)ポイント制度」の創設 
有望な地域産品の需要を直接的に喚起するため、地域産品の購入に際し、消 費者へのポイント付与やプレミアムクーポンの発行などを実施。 

《提案9》「中小企業地域資源活用促進法」の抜本改正 小売事業者等と連携した消費者参加型の新商品・サービスの開発支援。 

《提案10》「ふるさとプロデューサー」の大規模派遣 

《提案11》「観光まちづくり」の推進 世界を相手に来訪者を招き入れるマーケティング機能を有する DMO 
(Destination Marketing/Management Organization)を設け、戦略 的に観光振興に取り組める体制を整備。 

《提案12》「人の好循環」の実現 

《提案13》海外市場を獲るためのプレミアム戦略 


第三段階 支援体制の確立

《提案14》地域活性化の「司令塔」機能の明確化 
政府の地域活性化施策の「司令塔」機能を再構築。 

《提案15》地方版成長戦略の強力な推進・定期改定 地方版成長戦略の実施に向け、自治体の施策活用も含めたアクションプラン を策定し、KPIを設定。地域側は、地方版成長戦略を毎年改定。 

《提案16》施策の簡潔・骨太化と恒久化

《提案17》映像型施策広報の徹底 

*********************************

野菜中継がここで注目したいのは、提案17・映像型施策広報の徹底である。

地域の特徴・特産品・プレミアムなものをもって映像化して

日本中に、世界中に発信していくことはこれからもっと重要になってくると考えます。




関連記事

BLOGOS 「ローカルアベノミクス」を提言
http://blogos.com/article/89295/


衆議院議員 伊藤達也HPに提言の資料がアップさえれていましたので
詳細は→ https://www.tatsuyaito.com/archives/5711

スポンサーサイト

  • 2015.05.28 Thursday
  • -
  • 11:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

自己紹介

↓映像レンタルはコチラ↓

野菜中継YouTube

↓野菜中継からの告知↓



↓Twitterでも中継してます↓


野菜中継 検索


野菜中継を応援してください

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

人気ブログランキングへ
< ↑クリックお願いします↑ >

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブログのカテゴリー

recent trackback




リンク集

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯アクセス解析

PR